日. 7月 21st, 2024

糖尿病のぽん吉じいニャン 

シニアになってから毎年健康診断で採血をしていました。

毎回血糖値が高めでしたが、

その病院では「猫はストレスで血糖値が高くなるので大丈夫です」とずーっと言われてきました。

健康診断の2ヶ月後、ゴハンを食べてるのに痩せてきました。

お水もたくさん飲みます。

あれ?健診で採血したばっかりだけど⁇

健診を受けた病院には行かず

違う病院を受診しました。

当時15歳

血糖値700mg/dl オーバー

重症糖尿病で即入院、インスリンを使うことになりました。

低血糖と高血糖を繰り返すらしくて

こんなに血糖コントロールが難しいのは初めてですくらい言われてしまいました。

日本ではなかなか動物用の血糖測定器が売ってないので、個人輸入で購入。

入院して5日間で退院。

それから2年半毎日、血糖値測定とインスリンを打っていました。

血糖値が低いことも多くて、血糖測定器のおかげで低血糖の時はインスリンを打たないようにすることができました。

↓保護猫さんたちの大好物です。ラブラブ

ご支援していただけたら嬉しいです。

By nekosamasama

神奈川県で個人で地道にTNR、保護の猫ボランティアしてます。 なぜか高確率で具合の悪い猫さんに会います。治る見込みのない病気の猫さんや高齢猫さんが最期は家で穏やかに過ごせるようにしていきたいと思い活動中。常に里親様募集中です。

Leave a Reply