火. 7月 23rd, 2024

IMHA:免疫介在性溶血性貧血

原因不明の難病です。自分の免疫が赤血球を壊し貧血になるのです。珍しい病気です。

昔、とあるシェルターからこの病気の子を引き受けたことがありますがステロイド量の調整が難しいのです。

私はレアケースに当たる確率が高い自覚があります

カーキちゃん

綺麗なパステル三毛の毛長猫さん

オシッコがトイレでできない猫さんです。

IMHAがみつかりました。

難治性口内炎でステロイド飲んでたら糖尿病になったので、口の具合も良さそうだからステロイドをやめた。

そしたらなぜか黄疸がでた。血糖値も下がらない。

採血で肝臓は悪くない。

ステロイドは血糖値をあげます。しかし黄疸がでたのがステロイドをやめたせいだとしたら、、、。試しにステロイド再開してのませたら良くなった。

精密検査ができる病院へ受診〜🚗

結果は免疫介在性溶血性貧血(IMHA)でした。

今まで歯肉炎のためにステロイドを飲んでいたので知らず知らずのうちにIMHAに対応していたのです。

歯肉は結構腫れてる、IMHAはステロイドを大量投与もしくは免疫抑制剤に飲まないといけない、しかし糖尿病にステロイドは飲ませてはいけない、しかもステロイドを飲ませていると血糖コントロールが難しいので普通はインスリンは使いません。しかもカーキさんの体は免疫抑制剤は使えないのです。

八方塞がり

獣医師もお手上げ状態

さて、どうしようかなぁ

だってカーキさんは食欲もあって見た目も元気。

多分、カーキーさんには標準的治療のガイドラインや教科書は当てはまらない。

入院して良くなって、じゃぁ退院ね、ということもできない。

bestではなくてbetterを目指すしかない

幸い我が家には犬猫用の血糖測定器がある。

例外だし異例かも知れない。

でも獣医師は「それも選択肢としてあるかもしれない」と言ってくれた

自宅で血糖測定しつつ、ステロイドの大量投与とインスリン投与を始めます💉

★Green Cat よこはまのブログ▶️https://ameblo.jp/kumichie3/

ご支援のお願い

常時保護猫が多数います。傷病猫もいます、、お願いばかりで申し訳ありませんがご支援をお願いできたらと思います。よろしくお願いします。

みずほ銀行 店番: 662 菊名出張所 普通 : 2402418 コバヤシナミコ

または

l口座名称 : ゆうちょ銀行 記号 : 10980 番号 : 31116261 コバヤシナミコ

Amazon欲しいものリストです。よろしくお願いします

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1EXRZTRU97E7X?ref_=wl_share

By nekosamasama

神奈川県で個人で地道にTNR、保護の猫ボランティアしてます。 なぜか高確率で具合の悪い猫さんに会います。治る見込みのない病気の猫さんや高齢猫さんが最期は家で穏やかに過ごせるようにしていきたいと思い活動中。常に里親様募集中です。

Leave a Reply