日. 4月 14th, 2024
ゴミ屋敷レスキューの14歳おじいにゃん猫
レスキューした時点で慢性腎不全の末期です。
毎日の点滴頑張ってます。
3日に1回は吐きます。
しかし食欲旺盛、この寝姿キラキラ
飼われてた割には、全く人馴れしておらずもやもや
最近やっとは近づいても逃なくなりました

ブランおじいにゃんは、ゴミ屋敷に足を踏み入れた時に最初に会った猫さんです。
その時は、ゴミだらけの窓際に座って、開かない窓の外を見ていました。
私に気がついても、すぐには逃げず、2人でしばらく見つめ合ってました。

あの時、何を思って、この開かない擦りガラスの窓の外を見ていたのかな、、、。
あの時レスキューできなかったら
あのゴミの中で腎不全で亡くなってたのかな、、。

あの時、我が家はキャパオーバーガーン
レスキューには友人などの力をたくさん、たくさんお借りしました。
ホントに感謝、感謝ですキラキラ
ゴミ屋敷は大変な思いも、嫌な思いもしたし、受け入れも大変だったアセアセ
でもこの寝顔を見たら、そんなのも吹っ飛びますウインク


By nekosamasama

神奈川県で個人で地道にTNR、保護の猫ボランティアしてます。 なぜか高確率で具合の悪い猫さんに会います。治る見込みのない病気の猫さんや高齢猫さんが最期は家で穏やかに過ごせるようにしていきたいと思い活動中。常に里親様募集中です。

Leave a Reply