金. 7月 26th, 2024

いよいよ眼科受診ですキョロキョロ

眼圧測定

目のエコー

眼球に薬液を垂らし検査、、

などなどしていただきました。

結果

猫しっぽ急に白内障になった左目猫あたま

数年前に顎を骨折するくらいの交通事故遭っていて、おそらくその時の衝撃で眼球に傷がついて、それが元で、少しづつ眼球が厚くなって眼圧も高くなり緑内障と白内障になった。それで出血も出てきた。網膜剥離もある。ゆっくり進行したので痛みはないらしい。

緑内障の末期で目を潤す水が作れないのでこのまま眼球萎縮するかも。

黒猫しっぽ元々白かった右目黒猫あたま

おそらく子猫くらいの時に、外傷で大きな傷が目にできて、その時に眼球の中の水が全部飛び出してしまった。目の中身は全くない。膜しかないです。

両目は光も分かってない。

目の中身だけ全部飛び出した⁈


数年前の交通事故で頭を強くうったのが今、白内障と緑内障⁈


光もわからない⁈



驚くことだらけアセアセ

光くらいは分かってると思ってたんだけどなぁ〜宇宙人くん

とり急ぐ治療はなくて点眼薬2個もらって帰ってきました。

先生に「キャットタワーをジャンプして乗ってますよ」と言ったらビックリハッ

また検査し直してましたが「やっぱり光は分かってないないですね。すごいですね」と言われました。

先生は「保護猫は元々の飼い猫に比べて目が悪い子が多い。診ますから連れてきてください」と知り合いに話していたそうです。お値段もリーズナブルで診察も丁寧照れ

とても良い先生に出会えて感謝です✨

目の中身がなくなるくらいの痛い思いしたのに、スッゴイ甘えん坊さんですハート

改めて、猫さんって色々とすごいなぁ〜、と思いましたびっくり

でも、眼球腫瘍じゃなくて良かったよ〜えーん



結果聞いてホッとして思わず泣いちゃいましたアセアセ



Amazonほしい物リストリンクwww.amazon.jprc=”https://m.media-amazon.com/images/G/01/wishlist/collablists_graphic_2x_1060x768._CB454600986_.jpg”>


By nekosamasama

神奈川県で個人で地道にTNR、保護の猫ボランティアしてます。 なぜか高確率で具合の悪い猫さんに会います。治る見込みのない病気の猫さんや高齢猫さんが最期は家で穏やかに過ごせるようにしていきたいと思い活動中。常に里親様募集中です。

Leave a Reply