日. 7月 21st, 2024

下顎の癌の疑いだったちゃと君。

ヨダレも多くなって、出血もするから、そろそろ癌が自壊 ( 癌が大きくなりすぎて中から崩れてくる事) してきたのかな?と思っていました。

食が落ちてきたけど、でもまだ食べてくれるから、痛み止めとか使えたら使いたいなぁー、と思い受診。

獣医さん一言

「あれだけの顎の癌だったら余命1、2ヶ月。保護してもう6ヶ月だから癌じゃない。歯周病で骨が溶けてると思う」

え? 癌じゃない?

では、まだ食べてくれるし、色々と手を尽くせるじゃないですか〜(^^)

診断するにはCTなどが確実なんですが、猫の場合は全身麻酔をかけないといけなかったので検査はやってないです

末期癌で色々やるのは、私は好きではないのです。いろんな考え方がありますが、私は末期の場合は最期は穏やかに、、を目標としています。

と言うことで、抗生剤、ステロイド、強制給餌、補液が始まりました〜。

注射してすぐに臭いも少し良くなって、よく食べます^_^

ヨダレも減った!

強制給餌は、ロイヤルカナンのベビーアンドマザーのパテタイプにサイリウムを混ぜて、ゼリー状にしました。

ゼリー状にすると口の中が染みないみたいで口の悪い猫さんはツルッと食べやすいみたいです。

そして1日で激減した体重が200gアップ(^ ^)

ちゃと君、まだまだ美味しいものが食べられそうです♫

By nekosamasama

神奈川県で個人で地道にTNR、保護の猫ボランティアしてます。 なぜか高確率で具合の悪い猫さんに会います。治る見込みのない病気の猫さんや高齢猫さんが最期は家で穏やかに過ごせるようにしていきたいと思い活動中。常に里親様募集中です。

Leave a Reply